麻酔の痛みを抑える工夫

麻酔の種類について

歯医者さんが苦手な方は、「痛い」「怖い」というイメージをお持ちで、その中でも「麻酔をするときの針がチクッとする痛みが苦手」という患者さんが多くいらっしゃいます。
秋月デンタルオフィスでは、麻酔による痛みを出来る限り感じさせない工夫を行っています。
まずは当院で行っている麻酔の種類についてご紹介します。

表面麻酔

バナナやラズベリーなどのフレーバーがあり、麻酔の緊張を和らげてくれます。
舐めたり、唾液が混ざってお口の中に広がると苦いので、ガーゼなどでお口の中に広がらないように工夫してしています。

浸潤麻酔

針を刺しても痛みを感じにくい場所を選んで、針を刺す深さ、角度、スピードを調節することにより、出来るだけ痛みを感じないような工夫を行っています。
上の歯の麻酔は効きやすいのですが、下の歯、時に奥歯は顎の骨が厚く麻酔が効きにくいところです。麻酔が効きやすいところと、麻酔の量でコントロールします。

伝達麻酔

顎を通る神経の近くに麻酔薬を注入し、浸潤麻酔より広範囲で長く麻酔を効かせることが出来ます。
親知らずの抜歯やインプラントなど外科的治療の際に伝達麻酔を行っています。浸潤麻酔が効かない場合、伝達麻酔を使用します。
下顎には太い血管が通っているため、針先が血管の中に入っていないか1度吸引を行い確認します。そのため、他の麻酔用注射器と違い持ち手がリング状で吸引操作が容易に出来るようになっています。

麻酔の痛みを抑えるために

point1極細の針を使用

針の細さは刺す時の痛みに直結します。
例えば、蚊にさされたとき、痛みを感じませんよね?ですので、麻酔で使える一番細い針を使用しています。

point2麻酔液を温める

麻酔液が冷たい場合、体温との温度差があり刺激を感じてしまいます。

point3表面麻酔の使用

表面に塗ることによって、針を刺すときのチクッとする痛みを軽減することが出来ます。

注意事項

このような方は麻酔が効きづらい場合があります。
  • 体調不良や睡眠不足の状態
  • 緊張している(痛みに対して敏感になります。)
  • 歯の痛みが強い(神経の炎症が強い)
  • 飲酒をしている場合
  • 痛み止めなどを日常的に服用している場合
TOPへ戻る
【患者さんに知ってほしい】天然歯を残すための予防メソッド【患者さんに知ってほしい】天然歯を残すための予防メソッド TEL 092-533-2525TEL 092-533-2525 ネット予約ネット予約
ドクターズ・ファイル クリニック・ドクターについての情報はこちら
ドクターズ・ファイル マイクロスコープを用いた、目で確認しながら行う精密な根管治療
「小児矯正」について詳しく知りたい方はこちら
福岡市で歯を残すための予防・精密治療を行う【秋月デンタルオフィス】
秋月デンタルオフィスFacebook
秋月デンタルオフィスinstagram
私たちと一緒に働きませんか?当院の求人について私たちと一緒に働きませんか?当院の求人について