セラミック

2022.04.26

前歯の治療 〜変色歯、正中離開を改善する〜

今回はセラミックによる被せ物の治療と、樹脂(レジン)による治療を合わせて、すきっ歯を治し見た目の改善をおこなった症例を供覧いたします。

右上の前歯には保険治療の被せ物が入っています。そして正中離開(真ん中の間隙)があり、患者さんは見た目の改善を希望されていました。

この写真は、根管治療後、ファイバーポストという土台を入れた後の写真ですが、歯が変色しているのがわかります。

元々、根管治療がされており、その時の影響で変色を起こしていました。

このままでは変色の色が影響して見た目のきれいな被せ物を入れることが難しいため、

技工士さんと相談に相談を重ね、

①できるだけ被せ物を歯茎の中まで入れる、

②色を遮蔽するセラミックをベースに使い、その上にセラミックをレイヤーし色の再現を図る、

③それでも暗い色になる場合は色を隠す接着剤で最終調整をする

という計画のもと、完成し装着したのが下の写真です。

左の前歯はレジンにて直接お口の中で色を合わせ、形を作っています。

両方の歯の幅を決め、技工士さんと連携によりできた治療です。

歯の表面の艶は、患者さんのブラッシングの賜物、きれいな状態を維持されています。

このように見た目が気になるなどの悩みがありましたら、ご相談ください。

ドクターズ・ファイル クリニック・ドクターについての情報はこちら
ドクターズ・ファイル マイクロスコープを用いた、目で確認しながら行う精密な根管治療
「小児矯正」について詳しく知りたい方はこちら
秋月デンタルオフィスFacebook
秋月デンタルオフィスinstagram
私たちと一緒に働きませんか?当院の求人について私たちと一緒に働きませんか?当院の求人について