ブログ

2020.01.24

コンポジットレジンによる治療をわかりやすく!

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和2年となり、はじめてのブログのです。

最近は趣味の話に傾倒しておりましたので、本業となる歯科のお話からスタートしたいと思います。

 

早速ですが、題名のコンポジットレジンですが、聞きなれない言葉かもしれません。歯科治療の説明を受ける時に、「白い樹脂」というふうに説明を受けたことはありませんか?

歯科では、金属、レジン、セラミックスを使用することが多く、その中でも一番使用頻度が高い材料がレジンです。

 

表紙の写真は、クリーム状のコンポジットレジンです。見た目は注射器みたいですが、細いノズルを使って隙間なく、細かいところを埋める材料で、もっとも使用頻度の高い材料です。

 

レジンは接着剤に使用したり、仮歯に使用したり、義歯に使用したりと、様々です。

 

その中でも、虫歯の治療に使われるのがコンポジットレジンといわれるものです。

わかりやすく伝えるために、樹脂とかプラスティックとか言うことが多いのですが、歯科の治療にはなくてはならないものです。

 

虫歯の治療の手順を超簡単に説明すると、

 

虫歯を削る→削った穴を埋める

 

なんですが、この「埋める」材料がコンポジットレジンです。

 

メーカーや材料の特性によって様々な製品がありますが、

 

このコンポジットレジンは光を当てると固まる性能が付与されており、

 

それのおかげで形を作る→固めるといった作業が可能になっています。

 

写真でみるより動画がわかりやすいと思いますので、次回のブログで動画をアップしたいと思い、現在編集中です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

次回のブログもぜひ読んでみてください。

 

院長 秋月

ドクターズ・ファイル クリニック・ドクターについての情報はこちら
ドクターズ・ファイル マイクロスコープを用いた、目で確認しながら行う精密な根管治療
「小児矯正」について詳しく知りたい方はこちら
秋月デンタルオフィスFacebook
秋月デンタルオフィスinstagram
私たちと一緒に働きませんか?当院の求人について私たちと一緒に働きませんか?当院の求人について